どのような準備をすればいい?

エンジニアがフリーランスを目指すときには、まず案件に必要なものを揃えておきましょう。いつ仕事が舞い込んでもいいように、あらかじめピックアップして準備しておくのです。特に、エンジニアに欠かせないのがパソコンで、何を選ぶか時間がかかるケースがあります。どのような案件に携わるのかによって、必要なパソコンのOSは何なのか、どのようなスペックがいいのかなどを考えておくのです。また、パソコンだけでなくネット環境も整える必要があるので、プロバイダとも早めに契約しておくと安心でしょう。

また、独立後に仕事を獲得するには、案件を紹介してくれるエージェントに登録しておくのが無難です。フリーランス向けに案件を紹介してくれるエージェントは、基本的に登録料が無料で、一人ひとりに合わせた案件を探し出してくれます。自分で営業する必要がなく、効率的に仕事を得られるのがメリットです。自分一人では仕事を探す自信がない、営業が苦手な人はなるべく登録しておきましょう。

そして、フリーランスとして活躍するには、当然ながら専門的なスキルや知識を身につけていておくことを忘れてはいけません。IT技術に関する専門的な知識を学べるスクールに通ったり、専門書を読み込んだりして必要な知識を身につけていきます。資格などにも積極的に挑戦して、スキルアップを目指しましょう。努力すれば自然とスキルがあがり、挑戦できる案件の種類も増えていくはずです。