「○○だから痩せられない…」言い訳してしまう自分を変える2つの方法!

30878443 - depressed teenager man with hands over head isolated in a black background
beachbodyダイエット

The following two tabs change content below.
海が似合う体をテーマにボディメイクし、オンラインパーソナルダイエットコーチとしても活動しているボディメイクサーファーです。 Instagramでは10000人以上の方からフォローして頂き、ダイエットのコツやボディメイク情報をリアルタイムで発信しています。 ⇒詳しいプロフィールはこちら

 

SNSでのやりとりや
ダイエットコーチとして
今まで見てきた中で

この人はちょっと成果出すの難しそう

と思う人もやっぱり中にはいて

そういった人達は
「言い訳してしまう」という特徴があります。

 

逆に言い訳を言わない人は
成果を出していく方が多いので
今回の記事をポジティブに捉えて
今後のダイエットの
少しでもプラスになれば幸いです。

ではいきましょう!

言い訳してしまう自分を変える2つの方法

 

 

どうしても、

「○○だから出来ない」

と言ってしまう人は
どれだけ「じゃぁこうしましょう」と
アドバイスを受けても

「でも○○だから」と
出来ない理由を
自分の中で探してしまいます。

人間の行動には一貫性の法則
というものがあるそうで、
一貫性とは辞書によると

「同じ態度を維持すること」とされています。

一貫性の法則は上手に使うと
物事を達成するのに役立つ法則となりますが、

気づかいないうちに逆にマイナスにも
働いてしまうこともあります。

 

「○○だから出来ない」を繰り返すと

自分は○○だから出来ないんだという
意識が頭に定着してしまい、

それに沿って同じ態度を取って
しまっているのかもしれません。

 

ここから抜け出すには
個人的には二つ答えを持っています。

 

 

①物事は「やりたいか、やりたくないか」で判断する

 

一つ目は

自分自身が物事を
やるのかやらないのか決める時は

「○○だから出来ない」ではなく、

「○○だからやりたくない」と言うようにしていて、

 

よく、

「出来るか、出来ないかじゃない、
やるか、やらないかだ。」

という人もいますが

僕は

「やるか、やらないかじゃなく、
やりたいか、やりたくないか」

だと思ってて、

例えば

ダイエットをやるのか、
やらないのかの判断の時に

「家族がいるから食事管理できない」ということでしたら

僕でしたら

「家族がいるから食事管理はしたくない」と言うようにします。

 

 

結果として同じ「やらない」を選択していますが

前者は、出来ない原因(課題)
を自分の外に見出していますが

後者は、自分の中でやらないを選択している為
原因(課題)が自分の中にあります。

 

ここで両者が逆に「やる」を選択し、
どうすればダイエットを成功できるか?
という解決策を考えると

前者は、やれない原因(課題)が
自分ではなく家族にあるので、

”家族”をどうにかする必要があります。

自分以外の誰かを変えることは
自分を変えること以上に難しく、

そもそも自分以外の誰かを変えることは
ほぼ不可能だと思っています。

逆に後者は

自分の中に原因があるので
これを解決させるには
自分を変えるだけでいいので
他人を変えるよりも簡単です。

例えば、

「家族がいるからやりたくない」を選択していた場合

ここからダイエットするなら、

「家族がいるけどやりたい」になり、

「家族がいるけどやるには、どうすればいい?」と

自分の中で解決策を出していけます。

 

長くなってしまいましたが、
できない理由を探してしまう人は
まずは、「出来ない」と口に出すのではなく
「(まだ)やりたくない」と意識的に言うようにすることを
一つおすすめします。

 

あと「○○だから出来ないんだよね」と言ったり言われたりすると、「じゃぁ○○すれば出来るじゃん」と言い返されたり、言い返したくなったりしますが、「○○だからやりたくない」と言われると「そうなんだ」と納得せざるを得ません(笑)

 

②環境を変える

 

ビジネス界で有名な経営者
大前研一さんはこう言っています。

 

人間が変わる方法は3つしかない。

 

1番目は時間配分を変える。

2番目は住む場所を変える。

3番目は付き合う人を変える。

 

この3つの要素でしか人間は変わらない。

最も無意味なのは「決意を新たにする」ことだ。

 

 

二つ目は

「環境を変える」です。

 

僕たち人間の毎日の行動、
つまり意思決定は

頭や心が決めているのでなくて
環境によって決めている
とよく言われますが

僕もそう思っていて

 

例えば、

家の前にコンビニや飲食店がある環境と
家の周りが砂漠の環境では

同じ人でも
行動は変わります。

これは極端ですが
でも本当にそういうことで、

 

僕自身の場合で言うと
人生初ダイエットの時には

ダイエットを決意したその日に
ボディメイク大会にエントリーしました。

 

 

 

ダイエットしたいという願望から
ダイエットするぞという決意を超えて
ダイエットしなければいけない
という環境にしました。

ダイエットしたいという願望や
ダイエットするぞという決意だけでは

 

いざコンビニスイーツを
目の前にした時に
ダイエットしなくても
”ダイエットを決意した前に戻るだけ”なので

ダイエットしなくてもいいという
選択肢(環境)残ってしまいます。

 

ですが、
先にエントリーしてしまったことで
ダイエットせずにデブのままだったら

「恥をかく」
ということと
「エントリー費が無駄になる」

という

ダイエットを決意する前よりも
”マイナスになる”ことがあるので

ダイエットしなくてもいい
という選択肢(環境)が限りなく少なくなりました。

 

 

 

2007年にハーバード大学のニコラス・A・クリスタキス教授らが発表した研究結果によると、太った友人が身近にいると、2~4年以内に自分自身も肥満になる確率が最大で171%も増加するらしいです。つまり周りの環境によって自分も変わるということ。

 

コンビニスイーツを
食べるか、食べないかは
意志や根性でコントロールするのではなく

環境を変えることで解決できる。

 

まとめ

無意識の内に
出来ない理由を探してしまう
気持ちは本当によくわかります。

僕自身もそうでした。

 

ただ、今回お伝えした二つのことを
日頃から小さなことでも意識していくことで

出来ない理由を探すことはなくなりました。

もちろん僕にも出来ないことは
沢山ありますが

それでも

「やりたくないだけ」と言うようにしています(笑)

出来ない自分を作ってしまうのが怖いから。

出来ない自分を作ってしまうのも
自分自身だし

それから抜け出すのも自分自身ですよね!

 

ではでは!