ダイエットや筋トレのモチベーションが上がらない?劇的に上げる2つの秘訣!

やる気がない女性 beachbodyメンタル論

The following two tabs change content below.
海が似合う体をテーマにボディメイクし、オンラインパーソナルダイエットコーチとしても活動しているボディメイクサーファーです。 Instagramでは10000人以上の方からフォローして頂き、ダイエットのコツやボディメイク情報をリアルタイムで発信しています。 ⇒詳しいプロフィールはこちら

先日仕事仲間からこんな質問を頂いたのを思い出しました。

 

Mさん「筋トレって楽しいですか?辛いだけで続きません」

と言われたので

僕はこう答えました

「僕の場合やらなきゃいけない状況だったのと、先週まで上がらなかった重量や回数が、今週上がるようになっているのって楽しくないですか?成長が数字で見えるんですよ!」

と自分が興奮気味に答えてしまったのですが(苦笑)

僕のダイエットのモチベの答えとしては、2つあって

 

①数字と②環境づくり

です

 

 

モチベの答え①「数字」

 

①の数字についてですが、

「初めのうちは特に数字を見るといい」と思っています

というのも

【人間の幸福度は成長度に比例する】

なんて言われたりしますが

まさにこれで

テスト90点取ってる人が95点取るより
10点だった人が60点取る方が
完成度は低いけど幸福度は高いんですよね

つまり、トレーニングおいても

初めは特に数字を見ると、

自分の成長度もわかりやすく、楽しさ(幸福度)も感じやすいのではないでしょうか^^

 

で、僕の数字設定ですが、

トレーニング種目によって、若干の目標レップ数(回数)は変えていますが、

大体10レップ(10回)がギリギリ出来るくらいの重量設定にして

そこからトレーニングをする度に重量orレップ数を更新していくようにしています。

 

この、トレーニング毎に前回のトレーニングよりも強度をあげることを

「漸進性過負荷(ぜんしんせいかふか)の原則」

といいますが、
今回のモチベーションの話とは少しズレるので辞めておきます🤣

モチベの答え②「環境づくり」

話を戻し

②の環境づくりは

「やるしかない状況をつくる」ということで

トレーニングは嫌いだけど、ダイエットはしたいという方に特におすすめの方法です。

僕の場合だと

ダイエットを決意した日に、ベストボディジャパンという大会に申し込んで
それまでに体を作るしかない状況にしました(笑)

 

つまり、

痩せていい体になったら大会にでる

ではなく

大会に出るから痩せていい体にならなきゃいけない

という状況にしたということですね

大会結果は余裕の予選落ちでしたが、3ヶ月という期間での一般的なダイエットとしては成功していると言える範囲にはなれたかなーと自画自賛しております笑
(73kg/28%→68kg/12%)

 

僕は人間は環境の生き物だと思っているので、

このように「やるしかない状況を作ってしまう」という方法をよく使います。

 

ダイエットのモチベーションまとめ

 

ということで、

もし、ダイエットはしたいけどモチベーションが続かないという方は、

①数字を意識する

②やるしかない環境を作る

 

この二つを意識してみてくださいね^^

ではまた!

 

yew🤙